光のタイムラグ

夜空に瞬く「星の光」はすべて「昔」の姿。
写真も一瞬を捉えた「昔」の出来事。
星空や写真などの話題を中心に・・・

いつでも星空案内や撮影係いたします。
コメントでどうぞ。

 
 

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2016.06.19 Sunday

夕方の月

0

    夕方に月が東の空に。

    昨日は月齢13ぐらいのお月さまでした。

     


    2016.06.15 Wednesday

    水金地火木

    0

      梅雨に入って、夜空の星をなかなか眺めることができません。
      久しぶりに望遠鏡を出して火星や木星などを観測しようと考えているのですが・・・
      ちなみに当方担当のプラネタリウム(教育研究センター)は7月29日。
      今回は夏の星空の魅力を楽しく紹介したいと思います。ぜひお越しください。

      2016.06.12 Sunday

      木星と月齢6の月が接近

      0

        11日夕方から木星と月齢6の月が接近する様子が確認できました。

        2016.06.03 Friday

        火星とアンタレスの共演

        0

          注目の火星ですが、アンタレスとその赤い輝きを競っています。
          今は何と言っても火星が明るく優勢ですが・・・

          2016.05.30 Monday

          「ひがさ」

          0

            昨日撮影した「ひがさ」です。
            県内各地で見られたようですね。

            2016.05.16 Monday

            木星と月の接近

            0



              深夜に木星の近くに月を見ることができました。
              右上が木星です。

              2016.05.15 Sunday

              答えは北斗七星

              0

                これは3月の早朝に撮影した北斗七星(おおくま座のしっぽ)です。
                昨日の写真はこの並びを展示しており、これを撮影したものです。
                 

                2016.03.28 Monday

                星降る夜

                0

                  今日はとても良い天気で、帰宅直後の西の空では、冬の星座たちが沈もうとしています。
                  写真は右下がプレアデス星団(すばる)、中央下の三ツ星がオリオン座、中央上がふたご座。
                  星たちを見ているといや〜なことなどはどこかに吹っ飛んでしまいます。

                  2016.03.16 Wednesday

                  南天の星空

                  0



                    今日は今年度最後の定例会です。
                    当方の投影は24日18時30分から。テーマは南天の星空です。
                    サザンクロス(みなみじゅうじ座)の見つけ方や北半球との星座の見え方の違いなどを
                    プラネタリウムでわかりやく紹介したいと思います。
                    ぜひ、ご来場ください。

                    2016.03.09 Wednesday

                    部分日食

                    0



                      今日は部分日食がありましたが、曇り空で、まったく見えませんでした。
                      2009年に奄美大島で使用した太陽観察メガネを引っ張りだしたのですが。
                      下の写真は今日午前3時ごろの南西の空です。右の明るい星が木星で、左下に見えるいびつな
                      四角形がからす座です。南の島に行けば、このさらに南に「みなみじゅうじ座」が輝き・・・
                      今年度、最後のプラネタリウム解説は24日ですのでぜひお越しくださいませ。

                      ▲top